家庭内ウイルス感染対策に加湿器!

ウイルス感染経路のひとつは家庭です。
加湿器は、そんな家庭内ウイルス感染リスクの低減に期待ができる室内空間改善機器です。
暑さ・寒さが厳しい昨今、常にエアコンを利用することが多くなりました。
しかし、この空気調整が家庭内に乾燥を引き起こし、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染を引き起こす原因のひとつともなっています。

そこで、その対策のひとつが「加湿器の利用」です!

加湿器は 風邪やインフルエンザなどのウイルスを不活化させます!

インフルエンザなどのウイルスは、寒くて乾燥した環境を好み、高温多湿に弱い性質があります。
G.J.ハーパーが1961年に発表した「ウイルスの生存実験」によれば、気温が20.5℃~24℃の場合、湿度50%以上を目安に、ウイルスの空気中での生存率が下がり、その逆に湿度が低く気温が低いほど生存率が高くなることが分かっています。

インフルエンザウイルスと湿度・温度の関係(6時間後の生存率)

この実験結果から分かることは、温度が低く湿度も低い環境は、インフルエンザウイルスの生存率を高くするということです。
そのため、気温が低くく空気が乾燥する冬季はインフルエンザが流行します。
また、室内温度を下げて乾燥させている夏季は、夏風邪に罹りやすくなるのです。

対策としては、加湿器を利用し常に湿度を50〜60%程度にコントロールしていれば、インフルエンザウイルスの寿命は短くなり、感染リスクを下げることができます。

加湿器は ウイルスや花粉の飛散も抑制します!

インフルエンザウイルスは感染者のくしゃみや咳に含まれる飛沫に含まれていて、空気中に飛び散り感染を広げます。
しかし、このウイルスも湿度が高ければ、重くなってすぐに地面に落下してしまいます。
逆に、湿度が低いとウイルスの水分が蒸発して軽くなるため、緩やかにに落ちて空気中に長い時間とどまることとなり広い範囲にばらまかれることになるのです。

湿度による飛沫拡散シミュレーション

出展:理化学研究所 スーパーコンピュータ富岳での飛沫拡散シミュレーション

上記のシミュレーション画像を見ると、明らかに湿度30%(左)の方が、飛沫拡散していることがわかります。

対策としては、加湿器を利用し、常に湿度を50〜60%程度にコントロールすれば、ウイルスや花粉の飛散を抑えることができることになります。

加湿器は 喉を乾燥させないことでウイルスの付着を抑えます!

人間の体は乾燥していると、体を守る仕組みがうまく働かなくなります。
口から鼻に入る空気には、ウイルスやカビ・ほこりなどが含まれていますが、喉の内側にある線毛がこれらの異物を捕まえ、細かく動いて異物を体の外側に送り出します。
この線毛は、寒さと乾燥で動きが鈍くなるため、喉にウイルスが張り付きやすくなるのです。

湿度による呼吸器免疫システム・ウイルス浮遊時間・ウイルス生存時間の違い

この実験から分かることは、温度が40%以下では呼吸器免疫システムの効率が悪くなり、ウイルスの浮遊時間は長くなって、生存時間も長くなるということです。

対策としては、加湿器を利用して常に湿度を50〜60%程度に保てば、呼吸器免疫システムの機能は活発になり、ウイルスの浮遊時間は短くなってウイルスを不活化させることができます。

加湿器は お肌の乾燥・荒れ・かゆみなどの原因も抑えます!

お肌の一番外側にある角質層には、外部刺激からお肌を守るバリア機能があります。
空気が乾燥すると、角質層の働きが弱まり、肌荒れなどを引き起こす原因となります。
特に冬季は、皮脂の分泌が低下して肌が乾燥しやすくなりますので、ひび割れやあかぎれになったり、かゆみを伴う皮膚炎に進行したりする可能性があります。
人間の体は乾燥していると、体を守る仕組みが上手く働かなくなるのです。

対策としては、加湿器を利用し、常に湿度を50~60%程度にコントロールすれば、角質層のバリア機能を活性化させ、お肌の荒れやかゆみを伴う皮膚炎などを防ぐことが可能になります。

このように、エアコンを効かせるだけで乾燥対策をとらないでいると、ウイルスに感染するリスクが増えることになります。冬季はもちろんのこと、夏季も室内の空気は乾燥していますので、年間を通じて加湿器の利用が勧められます。
人が快適に感じる湿度は40~60%ですので、加湿器で50%程度まで湿度を上げることがひとつの目安となります。ご家庭内の湿度を最適に保って、風邪やウイルス、乾燥肌対策を行いましょう。

ダスキンレンタル加湿器の
ご検討・お申込みはコチラから

これ以外の加湿器を
ご検討されたい場合はコチラ

ダスキンのレンタル加湿器!

レンタル機種は? 中型加湿器・大型加湿器の2種類!

中型加湿器

適用床面積 プレハブ洋室27畳(44m2)まで
      木造和室  16畳(27m2)まで

加湿量   960mL/h

タンク容量 7.0L

電源コード 2.0m

サイズ   H405×W390×D245mm

重量    約6.4kg

大型加湿器

適用床面積 プレハブ洋室33畳(55m2)まで
      木造和室  20畳(34m2)まで

加湿量   1200mL/h

タンク容量 7.0L

電源コード 2.0m

サイズ   H405×W390×D245mm

重量    約6.4kg

中型も大型も仕様は同じ、違うのは加湿量です!

※中型と大型の違いは「適用床面積」というより、「加湿スピードの違い」とお考えください。

利用料金は? 本体買取とレンタルの二つをご用意!

(1)本体買取の場合

中型加湿器

初回     税込 45,980円

【内訳】本 体     40,480円
    抗菌気化フィルター4,400円
    トレイカバー   1,100円

2回目以降  5,500円/4週間

【内訳】抗菌気化フィルター4,400円
    トレイカバー   1,100円

大型加湿器

初回     税込 49,280円

【内訳】本 体     43,780円
    抗菌気化フィルター4,400円
    トレイカバー   1,100円

2回目以降  5,500円/4週間

【内訳】抗菌気化フィルター4,400円
    トレイカバー   1,100円

※4週間レンタルですので、月によってはレンタル2回分をご請求させていただくこともございます。

(2)本体レンタルの場合

中型加湿器

税込 7,150円/4週間

大型加湿器

税込 8,250円/4週間

但し、いずれの場合も、初回のみ別途保守料として5,500円が必要です。

※4週間レンタルですので、月によってはレンタル2回分をご請求させていただくこともございます。

本体買取・レンタルにかかわらず、4週間に一度、定期的に、抗菌気化フィルターとトレイカバーの交換にお伺いします。
また、6カ月ごとにAg+抗菌アタッチメントも交換いたします。

ダスキンレンタル加湿器の
ご検討・お申込みはコチラから

これ以外の加湿器を
ご検討されたい場合はコチラ

ご家庭の加湿器利用状況

加湿器の利用期間と1日の利用時間

加湿器の利用期間は、12月から3月まで、1年の約3分の1、利用されているかたが多いようです。
また、1日の利用時間も1時間から6時間までという方が半数を占め、お部屋で過ごされている間、こまめに使う方が多いようです。

加湿器の利用期間(棒グラフ)と1日の利用時間(円グラフ)

アイリス暮らしの便利ナビ会員981名によるアンケートより転載

昨今は、地球温暖化の影響もあり、冬季はもちろんのこと、夏季もエアコン使用の長時間化で、意外と室内の湿度は低く、「加湿器は冬の製品」という概念は無くなりつつあります。

加湿器保有のご家庭

直近1年間の加湿器の利用者は29.44%、女性30代では4割弱と他の層よりやや高くなっています。
利用台数は、「1台」が22.1%です。意外と、加湿器をお持ちでないご家庭がまだ多い状況です。

マイボイスコム株式会社アンケート調査より

ダスキンなら、レンタルで加湿器が利用できますので、お気軽にご利用いただけます。

加湿器を持っていない人の主な理由

持っていない人の約7割の方が「必要としていない」「効果があるのか実感できない」と回答されています。

アイリス暮らしの便利ナビ会員981名によるアンケートより転載

ダスキンのレンタル加湿器なら費用も抑えられて、メンテナンスも4週間に一度、定期的にダスキン担当者が行います。
さらにダスキンの加湿器は、とってもコンパクトです。

加湿器を購入したとき重視したこと

購入時に気になる点は、まず「価格」。続いて、「メンテナンスのしやすさ(お手入れ)」です。
しかし加湿器はお水を利用しますので、長時間放置しておくとカビの繁殖などに繋がります。
「お手入れ」はとっても大切なポイントです。
加湿器の利用を考えている方は室内に合ったものを選んだり、一般的なメンテナンス方法を確認して、ストレスなく加湿ができるように考えましょう。

アイリス暮らしの便利ナビ会員981名によるアンケートより転載

ダスキンのレンタル加湿器なら費用も抑えられて、メンテナンスも4週間に一度、定期的にダスキン担当者が行います。
さらにダスキンの加湿器はとってもお手入れもしやすく、静音性もバツグンです。

加湿器の選び方

(1)大きさ

加湿器の大きさは、「最大加湿量」と「適用畳数」で選びます。
「最大加湿量」とは、室温20℃、湿度約50%の室内で、1時間あたりに空気中に放出できる最大水量のことです。
例えば「最大加湿量:250ml/h」と書かれている場合は、1時間あたり約250mlの水を空気中に放出できることになります。

実は、この「最大加湿量」で下記のとおり、その加湿器でしっかり加湿出来る室内の広さ(適用畳数)が決まってきます。

一般社団法人 日本電機工業会規格「JEM1426」 適用床面積目安表

ダスキンのレンタル加湿器の加湿量は中型加湿器で960ml、大型加湿器なら1200mlです。
余裕をもって室内を加湿することができますので、安心です。

(2)タンク容量

長時間、加湿したいときに水の交換が多いと大変です。
ご家庭に合った加湿器は、機能も大事ですが、適切な水分量も、実は毎日使う加湿器だからこそ大切です。
下の表は最大加湿量別の運転時間ごとに必要とする水分量をまとめたものです。

ダスキンのレンタル加湿器のタンク容量は中型加湿器も大型加湿器も7.0Lです。
利用時間を気にすることなく利用できますので、安心です。

ダスキンレンタル加湿器の
ご検討・お申込みはコチラから

これ以外の加湿器を
ご検討されたい場合はコチラ

除湿・集塵・脱臭もできる加湿器をご検討されたい場合はコチラ

空気清浄機を
ご検討されたい場合はコチラ

ウイルス感染対策には「室内環境整備」が大切!

新型コロナウイルスとインフルエンザの両方に罹った場合、深刻な症状になる可能性があります。
したがって、特に今年のインフルエンザ対策が非常に重要になってきます。

東京都健康安全研究センターより

感染対策と換気・温度・湿度のコントロール

(1)窓の開放による方法

①換気回数を毎時2回以上する(30分に1回以上、数分程度窓を全開する)。
②空気の流れを作るため、複数の窓がある場合は、二方向の壁の窓を開放する。
窓が1つしかない場合は、ドアを開ける。
③室内温度および相対湿度を18℃以上かつ40%以上に維持できる範囲内で暖房器具を使用しながら、かつ一方向の窓を常時開けて、連続的に換気を行う。 加湿器を併用することも有効。
④室内温度および相対湿度を18℃以上かつ40%以上に維持しようとすると窓を十分に開けられない場合は、窓からの換気と併せて、可搬式の空気清浄機を併用する。

(2)機械換気(空調設備や機械換気設備)による方法

①ビル管理法における特定建築物に該当する商業施設等については、ビル管理法に基づく空気環境の調整に関する基準が満たされていることを確認する。
満たされていない場合は、換気設備の清掃、整備等の維持管理を適切に行う。
②特定建築物に該当しない商業施設等は、ビル管理法の考え方に基づく必要換気量(1人当たり毎時300m3)が確保できていることを確認する。
必要換気量が足りない場合は、一部屋あたりの在室人数を減らして、一人当たりの必要換気量を確保する。
③機械換気設備等の外気取入れ量等を調整することで、必要換気量(一人当たり毎時30m3)を確保すること。
④冷暖房設備により、居室の温度および湿度を18℃以上かつ40%以上に維持すること。

厚生労働省2021.04.03及び11.27「冬場における『換気の悪い密閉空間』を改善するための換気の方法」より

感染対策と湿度の関係

乾燥した室内では、呼吸器免疫システムの機能が失われるために感染リスクは高まり、ウイルスも長期間浮遊します。

湿度と呼吸器免疫システム・ウイルス浮遊時間の関係

加湿器の設置によって次のような効果が期待できます。
1 花粉やウイルスの飛散を抑制する効果
湿度が上がることによって、花粉やウイルスの飛散を抑制し、風邪などの発症を防ぐ効果が期待できます。
2 喉の乾燥を抑制する効果
湿度が上がることによって喉内部にある繊毛の動きが活発になり、風邪やインフルエンザの発症を防ぐ効果が期待できます。
3 肌の水分を補給する効果
湿度が上がることによって肌内外の水分が補給され肌のトラブルを未然に防ぐ効果が期待できます。
4 ホコリなどハウスダストの飛散を防止する効果
室内の湿度を適切に保てることで、ホコリなどハウスダストの飛散を防ぐ効果が期待できます。
5 静電気の発生を防ぐ効果
室内の乾燥を防ぐことによって、OA機器などの静電気を防ぐ効果が期待できます。

ダスキンレンタル加湿器の製品概要とその特徴

室内の広さに合わせた2サイズ

中型加湿器

加湿量  : 960mL  
適用床面積:和室16畳(27m2)洋室27畳(44m2

大型加湿器

加湿量  :1200mL  
適用床面積:和室20畳(34m2)洋室33畳(55m2

※本体サイズ・見た目は全く同じですが、内部ヒーターの数が異なります。

本体は買取制とレンタル制をご用意

ご利用料金はフレキシブルにお考えいただけます。

信頼のメイドイン・ジャパン

本体の製造はすべて日本製です。安心してお使いいただけます。

加湿方式はハイブリッド方式

だから電気代もムダがありません。

衛生的で洗う必要もない水受けトレイカバー

カンタン取替えトレイカバーで、トレイに使い捨てカバーがついているから、洗う手間が省けて、清潔もキープできます。

※加湿器(単体)において。2020年4月1日現在。自社調べ。

自社によるメンテナンスは不要

ダスキンほづみの担当者が4週間ごとに貴社にお伺いし、抗菌気化フィルターとトレイカバーを交換しますので、安心です。
但し、日常的なお手入れは必要となります。

もっと徹底したプロの加湿器メンテナンス「メンテナンスフリー」を希望される場合は下記のバナーをクリックしてください。

もっと徹底したメンテナンスを
ご希望される場合はコチラ

ページ先頭に戻る

ダスキンレンタル加湿器の
ご検討・お申込みはコチラから

これ以外の加湿器を
ご検討されたい場合はコチラ

除湿・集塵・脱臭もできる加湿器をご検討されたい場合はコチラ

空気清浄機を
ご検討されたい場合はコチラ

ご検討・お申し込み

ダスキン加湿器レンタルのお申し込み、お問い合わせは以下のフォームより承ります。
お問い合わせ・ご要望および個人情報は厳重にお取り扱いさせていただきます。

製品の選択(必須)
お名前(必須)
お名前(フリガナ)(必須)
電話番号(必須) - -
郵便番号(必須)
都道府県名(必須)
市区町村名(必須)
町名(必須)
番地以降のご住所(必須)
※ビル・マンション名なども必ずご入力ください。
メールアドレス(必須)
ご質問、ご連絡事項など


個人情報保護法に基づく表記

* 個人情報の利用目的:お問い合わせ内容への回答の為に利用致します。
* 取得した個人情報は本人の同意無しに、目的以外では利用しません。
* 情報が漏洩しないよう対策を講じ従業員だけでなく委託業者も監督します。
* 本人の同意を得ずに第三者に情報を提供しません。
* 本人からの求めに応じ情報を開示します。
* 公開された個人情報が事実と異なる場合、訂正や削除に応じます。
* 個人情報の取扱いに関する苦情に対し、適切・迅速に対処します。

ページ先頭に戻る

ダスキンインターネットショップ